東大文学部の読書感想文

東大文学部。好きな本や最近読んだ本の感想を書きます。ニュースや本屋で目にした、本にまつわる気になる事も。

辻村深月が「ドラえもん」を書く!?

「今年の「ドラえもん」の映画の脚本、辻村深月らしいよ」

 

昼ご飯を食べていたときに、友人がふと口にした。

 

最初、小説家・辻村深月アニメ・「ドラえもんが結びつかず、困惑した。

 

 

本当かな?と半信半疑で調べてみると、ダ・ヴィンチニュースの記事を見つけた。

 

ddnavi.com

 

どうやら、本当らしい。

 

来春公開の「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の脚本は、確かに、辻村深月さんが担当するみたいだ。

 

 

どうやら、辻村深月さんは、大の「ドラえもん」ファンで、

小説の章タイトルにアニメに登場するひみつ道具の名前を使ったこともあるらしい。

 

僕は、辻村深月さんの作品をあまり読んだことがなかったので、知らなかったのだが、

もしかするとけっこう有名で、常識レベルの知識だったのだろうか。

 

だとしたら、少し恥ずかしい…

 

 

かがみの孤城第15回本屋大賞も受賞し、人気絶頂の辻村深月さん。

 

彼女が脚本を書く、今作では、

のび太が、ドラえもんの力を借りて、月の裏にウサギの王国を作り、

そこに謎の転校生・月野ルカを連れて遊びに行くことから物語が始まる。

 

簡単なあらすじを聞いただけで童心を思い出しわくわくしてくる。

 

ここ何年もドラえもんなんて見ていないが、

映画館に足を運び、

ドラえもんのび太に久しぶりに会ってみたくなってきた。

 

 

 

 

辻村深月さんの小説、未読の方はぜひ読んでみてください。

 

本屋大賞を受賞したベストセラーかがみの孤城。 

かがみの孤城

かがみの孤城

 

 

 

 

→ 「ドラえもん」のひみつ道具が章タイトルになっているという『凍りのくじら』

凍りのくじら (講談社文庫)

凍りのくじら (講談社文庫)