東大文学部の読書感想文

東大文学部。好きな本や最近読んだ本の感想を書きます。ニュースや本屋で目にした、本にまつわる気になる事も。

ジェイン・オースティン『高慢と偏見』の感想文

ジェイン・オースティン『高慢と偏見』 自分は、小山太一さんの訳による新潮文庫版で読んので、 正確には『自負と偏見』の感想文とすべきなのかもしれませんが… ここでは、一般的に耳なじみの深い『高慢と偏見』の邦題を採用したいと思います。 『高慢と偏見…

本屋が失われる街・渋谷

東大の1~2年生が通う駒場キャンパスは渋谷から二駅。 歩いても15分くらいの距離にある。 そのため、東大生の多くは渋谷という街になじみ深い。 僕も何かと、渋谷にはお世話になってきた。 その渋谷という街で、本屋が次々となくなっている… 2017年 ブック…

アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』の感想文

アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』 「一番好きな小説はなに?」 この質問は難しい。 本が好きだ、という人なら一度は聞かれたことがあるはず。 そして、何と答えたものかと、悩んだのではないだろうか。 好きな小説ならいくらでもある。 だが、…

米澤穂信『氷菓』の感想文

米澤穂信『氷菓』 「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」 をモットーとする「省エネ」高校生・折木奉太郎がなりゆきで日常の謎を解き明かしていく〈古典部〉シリーズ。 アニメ化もされた、この人気シリーズの第一巻を10…

安里アサト『86-エイティシックス-』の感想文

安里アサト『86-エイティシックス-』 今日は、普段とは毛色の異なる作品の感想です。 電撃文庫から刊行されている、いわゆるライトノベルに分類される作品です。 僕は、普段は一般的なエンタメ小説中心ですが、軽めの小説をサクッと読みたいときは、ライトノ…

趣味・書店巡り

外出中に、急に暇になったとき… 皆さんはどうやって時間をつぶしますか?? ゲームセンターやカラオケで軽く遊んだり、 ウィンドウショッピングしたり、 カフェで珈琲を飲みながらスマホを弄ってみたり… 自分は暇な時間ができると、すぐに本屋さんに吸い寄せ…

原田マハ『暗幕のゲルニカ』の感想文

原田マハ『暗幕のゲルニカ』 専門的な知識や経験に支えられたリアルな世界は、時に、ただそれだけで娯楽として成り立つ。 『暗幕のゲルニカ』は、このことを示すよい例だろう。 海堂尊や知念実希人が書く医療を舞台にしたエンタメ作品には現役医師だからこそ…

村田沙耶香『コンビニ人間』の読書感想文

村田沙耶香『コンビニ人間』 小説とは不思議なもので、ただ文字が並んでいるだけのはずなのに、 私たちの五感を絶え間なく刺激する。 私たちは、活字の群れから想像を膨らませる。 眼前に広がる美しい光景や、手に汗握るアクションシーンを目撃する。 ヒロイ…

読書感想文始めます。

はじめまして。 楓(かえで)です。 東京大学に通う読書好きな学生です。 小説を読んで、その時々に感じる様々な思い。 そうした感想を書き留めておきたいと感じてブログを始めました。 文芸について専門的に勉強しているわけではないので、小難しい理論なん…