東大文学部の読書感想文

東大文学部。好きな本や最近読んだ本の感想を書きます。ニュースや本屋で目にした、本にまつわる気になる事も。

ジェイン・オースティン『高慢と偏見』の感想文

ジェイン・オースティン高慢と偏見

 

 

自分は、小山太一さんの訳による新潮文庫版で読んので、

正確には自負と偏見の感想文とすべきなのかもしれませんが…

ここでは、一般的に耳なじみの深い高慢と偏見の邦題を採用したいと思います。

 

 

高慢と偏見』は、18世紀末~19世紀初頭のイギリスを舞台にした恋愛小説です。

 

場面設定の時代は古いし、イギリスを舞台としているし、

現代の日本人の読者にとって入り込みやすい物語とは言い難いお話です。

 

それに物語の展開も落ち着いていて、大きなイベントもほとんどなく進みます。

 

ただ、ひたすらベネット家の5姉妹を中心とした恋愛模様が語られるだけです。

 

 

正直、僕は恋愛小説が苦手です。

 

作品の一要素として、恋愛が重要な役割を果たす小説で好きな小説はいくらでもあります。

推理小説やら、青春小説やらの登場人物が恋をすることに不満はありません。

でも、恋愛が作品の軸で、ひたすら恋愛について語られる小説はあまり好んでは読みません。

恋愛経験がろくになくて、まだまだ恋愛小説の良さを理解できないお子様なのかもしれないですね…

 

でも、そんな僕ですら、

この大した出来事も起きないベネット家の恋愛事情には引き付けられるのです。

 

 

大学の翻訳論の授業内で本作が紹介されたその日に、

書店で購入し、そのまま読みふけり、日の出と共に読み終わりました。

 

 

高慢と偏見』の最大の魅力は心理描写です。

 

オースティンの人物描写はそれぞれのキャラクターを効果的に深堀し、自分が昔のイギリスの片田舎でその人と会ったことがあるんじゃないかとまで思わせます。

 

そして彼らの心理は、オースティンの手によって鮮やかに描かれます。

 

そして、登場人物たちの様々な思惑が複雑に絡みあう展開は、凄まじい力をもっています。

地味な展開でありながら、読者の手指を支配して、次から次へと頁をめくっていきます。

 

 

そして、本作の主人公であるベネット家の二女エリザベスの恋愛が進むにつれ、

「高慢」と「偏見」の正体がわかります。

 

オースティンの繊細な筆致で描き出される人々の「高慢」と「偏見」とは何なのか。

 

ひとたびそれを知るまであなたの読書欲求は決して満たされないでしょう。

 

 

自負と偏見 (新潮文庫)

自負と偏見 (新潮文庫)

 

 

 

本屋が失われる街・渋谷

東大の1~2年生が通う駒場キャンパスは渋谷から二駅。

歩いても15分くらいの距離にある。

 

そのため、東大生の多くは渋谷という街になじみ深い

 

僕も何かと、渋谷にはお世話になってきた。

 

その渋谷という街で、本屋が次々となくなっている…

 

 

 

2017年 ブックファースト 渋谷文化村通り店 閉店

 

2018年4月 老舗・山下書店 閉店

 

2018年7月 BOOKOFF 渋谷センター街店 閉店

 

 

近年の出版業界の不振を反映するかのように、渋谷から本屋が失われていく。

 

本好き、そして、書店好きの一人として、とてもさみしく感じてしまう。

 

アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』の感想文

アガサ・クリスティーオリエント急行の殺人』

 

 

「一番好きな小説はなに?」

 

この質問は難しい。

 

本が好きだ、という人なら一度は聞かれたことがあるはず。

そして、何と答えたものかと、悩んだのではないだろうか。

 

好きな小説ならいくらでもある。

だが、一番好きな…と、いわれると一つに絞るのはなかなか難易度が高い。

 

 

僕も、「一番好きな小説」に関しては決めあぐねる。

ただ、「一番好きな《海外の》小説」に限定するとしたら、何とか絞ることができる。

 

それが、アガサ・クリスティーオリエント急行の殺人』だ。

 

 

この作品に初めて触れたのは、中学一年生のときだったと思う。

 

自分自身の読書歴の比較的最初期に読んだこともあって、今でもその時の感動を覚えている。

 

何度も読み直していて、浪人時代には辞書を引きながら原書を一か月かけて読んだことも記憶に新しい。

 

中学三年生の秋には、高校受験の勉強を放り出して、名探偵ポワロシリーズ読破に躍起になっていた。

 

 

 

オリエント急行の殺人』の何がそんなにも僕を魅了したのだろうか。

 

その最大の魅力は、拡散と収束の美しさだ。

 

イスタンブールとカレーを結ぶオリエント急行の車内には多種多様な人々が乗り合わせている。

国籍や、年齢、性別、社会的な地位や職業、容姿…

あらゆる面でバラバラな人々が乗り合わせた狭い車内。

 

オリエント急行という限定的で小さな空間の中に、世界中(欧米中)を圧縮したその場面設定に一気に引き込まれる。

 

そして、車内で起きた殺人事件を契機にその広がり切ったセカイが、

ある一転に向けて急速に収束し始める。

 

 

空間的な狭さとは裏腹に、とてつもなく雑多に広げられた風呂敷が、鮮やかにたたまれていくその美しさ。

 

「ミステリーの女王」の描き出したその美しい拡散と収束に、中学生の自分は、そして今の自分もまた、惚れしてしまったのだ。

 

ミステリーそのものとしては、賛否両論あるこの作品が、

多くの読者を虜にし、何度も映像化されているのも、

この美しさに世界中の人々がやられてしまっているからではなかろうか。

 

(2017年に公開されたケネス・ブラナー主演のものは、最後の解決シーンが車外なのが個人的には残念でならない…)

 

 

自分は、「張り巡らされた複雑な伏線が、物語の終盤に一気に紡ぎあげられていく」小説が大好きだ。

 

思えばその“性癖”すらも、アガサ・クリスティーによって植え付けられたのかもしれない。

 

 

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 

米澤穂信『氷菓』の感想文

米澤穂信氷菓

 

 

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」

 

をモットーとする「省エネ」高校生・折木奉太郎がなりゆきで日常の謎を解き明かしていく古典部〉シリーズ

 

アニメ化もされた、この人気シリーズの第一巻を10年ぶりぐらいに読んでみた。

 

軽妙なタッチの古典部メンバーの会話や、高校を舞台に起こるちょっとした謎。

そして、作品の軸になる文化祭と古典部の文集「氷菓」にまつわる秘密。

氷菓』本来の魅力は久方ぶりに読んでみても、少しも色あせてはいなかった。

 

ただ、この作品の刊行から経過した時間の膨大さには驚かされた。

 

この作中の高校生はラインやTwitterどころか、携帯電話も持っていない

姉からは国際郵便で手紙が届き、同級生とは家電を使って連絡し待ち合わせをする。

 

学生を描く時のシチュエーションはとてつもなく変わってしまったんだと衝撃を受けた。

 

 

そして、主人公の「省エネ」主義だが、最近、「省エネ」という言葉もあまり聞かないなと…。

 

ちょっと前まで、家電製品なんかはいかに「省エネ」かが一番大事だとでもいうように大々的に謳い上げていたが、

最近では環境に配慮していることなんて当然の前提だからなのか「省エネ」というキャッチコピーを耳にする機会も減った気がする。

 

今、2018年に『氷菓』が初めて作られたとしたら、

奉太郎が自称する「省エネ」も違う言葉に置き換えられたのだろうか。

 

 

自分自身の成長史と照らし合わせて、10年前、20年前の作品を再読するという行為は何とも面白い。

 

 

氷菓 (角川文庫)

氷菓 (角川文庫)

 

 

安里アサト『86-エイティシックス-』の感想文

安里アサト86-エイティシックス-

 

今日は、普段とは毛色の異なる作品の感想です。

電撃文庫から刊行されている、いわゆるライトノベルに分類される作品です。

 

僕は、普段は一般的なエンタメ小説中心ですが、軽めの小説をサクッと読みたいときは、ライトノベルに手を伸ばすこともしばしばあります。

 

高校時代には、禁書目録『SAO』涼宮ハルヒなどなど定番のシリーズはけっこう読みました。

この秋には両作品ともにアニメの続編が製作されており、久しぶりに深夜アニメを見たりもしています。

 

そして、最近のライトノベルの中でも特に面白かった作品が、

この、安里アサトさんの86-エイティシックス-です。

 

 

 

作品のあらすじを簡単に説明しますと…

「とある軍事帝国の作り出した無人兵器《レギオン》の侵略に抗う話」

です。

 

しかし戦うのは、人種の違い故に、

「人以下の存在」として定義された少年少女「86-エイティシックス」

 

 

無人兵器に侵攻されている共和国側は、

自立して動く無人兵器《レギオンに、

有人の無人兵器(人以下の86が搭乗しているが、彼らは人ではないため無人というロジック)で対抗します。

 

支配層は共和国中枢で平和を享受し、被支配層の少年少女を無理やり戦わせるという構図です。

 

 

本来兵士とは、故郷と家族や友人を守るために戦う。

 

しかし、支配層に無理やり戦わされる彼らには故郷も家族もない。

 

戦場が故郷で、戦友が家族。

生きる意味も戦う意味もすべてが戦場で完結する。

 

戦場にしか居場所のない少年少女が葛藤しながら、虐げられながら、それでも誇りを失わずに戦う。

 

この作品には、思考実験的にしか成り立たないファンタジーな極限状態の人間の感情が描かれています。

 

普段、ライトノベルと聞くと敬遠している人たちにこそぜひ読んでもらいたい一冊です。

 

 

 

 

 

 

趣味・書店巡り

外出中に、急に暇になったとき…

 

皆さんはどうやって時間をつぶしますか??

 

ゲームセンターカラオケで軽く遊んだり、

ウィンドウショッピングしたり、

カフェで珈琲を飲みながらスマホを弄ってみたり…

 

 

自分は暇な時間ができると、すぐに本屋さんに吸い寄せられてしまいます。

特に欲しい本がない時でも、とりあえず本屋に立ち寄り、店内をあてもなくうろつきます。

 

たまに、家電量販店をぶらつくのが好きだ、という人がいますよね。

それの本屋版です。

 

好きな作家の新刊を見つけたり、気になる本が目に留まったりしたときには買うこともありますが…

何も買わずに終わってしまうとときもしばしばあります。

 

好きな本に囲まれている、本屋という空間そのものが大好きなんです。

なんだか、落ち着きます。

 

また、店頭に平積みされている本の種類や傾向から、いろいろなものが見えてきます。

本屋って意外と地域色が強く、その場所の土地柄が窺い知れて、そこもまた楽しみの一つです。

 

例えば、都心のオフィス街はビジネス書が並び、渋谷は若者向けの雑誌が目に留まりやすくなっているとか。

 

 

原田マハ『暗幕のゲルニカ』の感想文

原田マハ『暗幕のゲルニカ

 

専門的な知識や経験に支えられたリアルな世界は、時に、ただそれだけで娯楽として成り立つ。

『暗幕のゲルニカ』は、このことを示すよい例だろう。

 

海堂尊知念実希人が書く医療を舞台にしたエンタメ作品には現役医師だからこそ描き出せるリアルとディテールが感じられる。

貴志祐介の『黒い家』は、彼が保険会社で働いていた経験によって質の高いホラーとして成立している。

 

この作品も原田マハがアート、そして美術館に長きにわたり関わってきた、その実際の経験があってこそ、作品内で描写されるシーンの数々に血が巡り読み手を引き付ける魅力となっている。

 

 

話は変わるが、この物語は二つの物語を行き来することで織りなされていく。

 

 

こういった、時代や地理、人物という軸で分割された複数の話が展開していく小説の常として、複数の物語が一冊の本として、どうやってまとめ上げられていくかが作品の出来に大きく影響する。

 

『暗幕のゲルニカ』では、

  「ゲルニカは誰のもの?」

というただ一つのクエスチョンによって、二つのストーリーが収束していく。

 

この収束の過程は、絶大な迫力で、見事というほかない。

 

当作品の読者には、是非とも、ゲルニカは誰のものなのか」という問いに対する答えを見つけて欲しい。

 

 

暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

暗幕のゲルニカ (新潮文庫)